FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国と北朝鮮の妙な思惑

 昨日午後、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、懸案であった核計画の申告書を6カ国協議の議長国である、中国に提出し、本日アメリカのブッシュ大統領は、対敵国通商法の適用の取り止め、テロ指定国家の解除を決定するコメントを出した。

 これにより、45日後には、同法の解除が発効することになるので、6カ国協議の早期再開への調整を急ぐ必要が出てきた。

 ただ、北朝鮮の申告書には、大きく核施設について、核兵器の原料となるプルトニウムの抽出量について、そして、低濃縮ウランの在庫量について明記してあるようだが、一番の懸案である、核兵器の保有状況について触れられておらず、果たして実効性のあるものかどうか?疑問が投げかけられている。

 特に、わがままな子供ではないが、「いい子になりますから、ご飯頂戴!」というようなうわべの話だけをして、いざ、「ご飯」が出てくると、「いい子になります」はすっかり忘れてしまうような外交を繰り返してきている北朝鮮の提出した核計画の申請書は、どこまで信憑性があり、核解除に向けての行動をするか?甚だ疑問である。

 特に、今回アメリカは、テロ指定国家の解除を行うことで、これまでストップしてきた原油や食料を始めとする商品の輸出制限を解除することになるので、解除だけして、依然として、核兵器開発が続くようだと、元も子もない。

 そして、その原因が、2期7年の大統領任期を全うし、あと任期1年になった段階で、ブッシュ大統領の外交成果が殆ど無く、今回、取り合えず北朝鮮との「協和」することでの実績を残したい米国と、まずは、食料と燃料を確保したい北朝鮮との2カ国の微妙な駆け引きだけ・・・しかも、その成果は両国首脳のみの成果となり、世界その他の国や国民にはとなりかねない決定をされたような気がしてならない。

 それは、我国の安全だけを見ても、明らかである。中国の核ミサイルが到底到達しないアメリカは、今回テロ支援国家の解除をしても、自国が侵略される危険性は無いが、十分ミサイル到達距離圏内に位置する我国にとっては、キチガイに刃物状態というのは、まさに死活問題ではないか?

 昨日の会見の中で、ブッシュ大統領は、「米国は北朝鮮に拉致された日本国民のことを決して忘れない」と発言したが、これこそ、言わばリップサービスをしただけではないか?と思えてならない。

 そして、国際協調を強調する福田首相は、今回の解除により、我国の大きな切り札を切れなくなってしまい、残されたカードは国交正常化と、技術・資金支援しかなくなってしまい、益々拉致事件解決が遠のく様な気がしてならない。

 身勝手なアメリカの発言により、被害を受けたのは、拉致被害者の家族会の飯塚代表や、横田恵さんの母親の早紀江氏だけではなく、核の脅威にさらされている自分たち自身であるという事実を、福田首相を始めとする我国の政治家や私たち自身ははっきりと理解しているのだろうか?

 さて、牛肉産地偽装問題を始め消費期限の改ざんなど、様々な偽装を繰り返し、民事再生に追い込まれ、更には使いまわしで、破産手続き中の船場吉兆の湯木正徳前社長が、不正競争防止法違反により逮捕された。暖簾を失うという経済的、民事的制裁だけではなく、立件された。

 ミートホープの田中稔社長も不正競争防止法違反と詐欺の容疑で逮捕され、既に懲役4年の判決が確定している中、何故、今回の食品卸売業者の丸明の吉田明一社長は全く同じようなことを繰り返したのだろう…牛・豚の産地偽装、消費期限の改ざん、当局の捜査初期段階での強気発言…全く上記事件と同じような展開を歩む。

 これが、業界標準とは信じたくないが…何故「偽」を続けるのだろうか?世間では、もう「偽」を認めないと言う厳しい目を持ってしまっているし、内部告発もあるのは十分分かっていることではないだろうか?

 昨今の景気後退により、しっかりとした経営を続けていても、事業継続が出来ずに、行き詰まる企業が多い中、偽装により、一時的にコストダウンを図ったとしても、もうそれが通る世の中ではないことをしっかりと理解して欲しい。

 そして、倒産する民事上の制裁だけではなく、刑事事件として確実に処罰されるリスクも理解するべきだろう。確かに、厳しい世の中何かしなくてはいけないのだが、それは「道を踏み外せ」ということでは断じてない。
スポンサーサイト

コメント

自分だけではなく、協調し、辛さを痛みわけすることが大切だと思う。どうしても1人勝ち、自分だけよければ・・・そんな考えがまかり通らない世の中になっていることを認識する必要があるのでしょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/102-09e526c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。