FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末の出来事。

 先週土曜日に、(社)日本青年会議所 関東地区協議会が開催された。同日開催された、関東地区協議会の会員会議所会議では、次年度会長の選出選挙と、次年度の会員大会の開催地に関する審議等が行われ、私も、会員会議所((社)桐生青年会議所)の代表として、出席し、表決権を行使してきた。

 次年度の関東地区協議会会長((社)日本青年会議所関東地区担当常任理事)には、現埼玉ブロック協議会会長((社)熊谷青年会議所より出向)の後藤素彦君が選出された。

 後藤君は、1974年生まれの33歳であるが、非常に頭脳明晰なしっかりした人物で、選出後の挨拶でも、しっかりと次年度にかける思いを力強く語った。

 私が1970年生まれであるから、4歳も若いメンバーが関東地区の会長となったことに正直驚きも隠せない部分もあったが、それは、自分自身が年を取ったことを実感すると共に、次代を担うべき心強いリーダーの誕生に期待も大きく膨らんだ。

 また、次年度の関東地区会員大会は、港町である、(社)横須賀青年会議所に決定し、無事「大会杯」の授与も式典の中で行われた。

 今年は、千葉県松戸での開催となったが、懇親会では、千葉の心づくしの名産品を堪能することが出来、暑さの中、千葉の魅力を感じることが出来た。

 また、昨日は、(社)足利青年会議所の創立50周年記念式典と、祝宴が行われ、私も46名の桐生青年会議所メンバー及び、1974年に(社)日本青年会議所副会頭を務められた米田先輩と共に出席させていただいた。

 (社)足利青年会議所は、我々桐生JCが最初にスポンサーJCとして、創設のお手伝いをさせていただいたLOMであり、そこから、栃木の青年会議所運動が発祥していると言うこともあり、今でも足利JCのメンバーは非常に我々の活動に対して大きな協力をしていただいている。

 そんな意味もこめて、今回の(社)足利青年会議所の半世紀を祝う式典にメンバーの約半分の人数で押しかけ、お祝いと、日頃の協力への感謝の気持ちを表させていただいた。

 非常に驚いたのは、桑山理事長が挨拶の中で、我々の協力に対して、心づくしのお礼の言葉を発していただき、改めて深い友情を感じることが出来、私も何とか、スポンサーJCを代表しての形ばかりの挨拶を述べる栄誉を頂いた。

 今回の記念式典で一番関心を持ったのは、今回の50周年記念事業の発表であった。

 既に、栃木県の地元誌では何度も取り上げられているが、空き缶を市内の小中学校や有志、コンビニエンスストアなどから募り、リサイクル業者に販売して得た資金をベースに後開発国で軍政ミャンマーに対して、安全な水を確保すべく、井戸の改修工事の資金として届けた点である。

 サイクロンの水害などで、既に同国への資金援助や物資援助も非常に困難な状況はマスコミでも散々取り上げられた通りであり、また、同国へ学校を作るボランティアや井戸を作るボランティアが苦労している報道もなされているが、自分たちの仲間が自分たちの手でその困難に立ち向かい、諸般の苦労と困難を乗り越えて実践していることに対して非常な驚きと、賞賛の意を覚えた。

 空き缶を集めるという単純な作業であるが、1個1円にもならない、スチール缶やアルミ缶を集め、悪臭漂う空き缶を選別し、売却、更には、自ら現地に飛んで、信頼できる日本人ボランティアに手渡しすること…その苦労に満ちた映像が式典の最後に発表され、出席者の誰もが、私と同様の気持ちになったことだと思われる。

 実際に、毎日安全な水をふんだんに飲むことの出来ないのは、後開発国の国民の大半にものぼり、そうした人々は成人することなしに一生を終わったり、或いは我々の善意の支援金もその大半が専制政治を司る一部の役人や軍人に搾取されることはご存知だと思う。

 そして、今回のように安全な水を供給するということは、その国の農業を始めとする現地での産業支援にもなり、その国の自活を促す大きな一助となるのではないだろうか?

 私は、ここに青年会議所メンバーによる青年会議所らしい、姿を見ることが出来、大いに我々としても参考にしたいと感じた。
スポンサーサイト

コメント

やはり年令に関係なく、優れた人材が選出されていくこと自体、JCとしては望ましいことなのだと外部の人間である私は思います。
年功序列全てを否定するわけではありませんが、そのメンバーの中で人材を適材適所に配置し、活躍の場を与えることも重要だと思います。
それは、企業においても同じこと。結果的に立場が上になったとしても、先輩、協力業者の方々に対する感謝、尊敬の念を忘れずに業務に従事すればきっと周囲も認めてくれ、協力もしてくれるものだと思います。
常に謙虚に・・・結構難しいものですよね・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/112-fae5cc74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。