FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマコンに行ってきました。

 この終末、漸く梅雨が明けたようだ。今年は…というより、今年も、梅雨明けは明確でなく、いつの間にか明けていたような気もしないでもない。

週末は、サマコンということで、金曜日から横浜に行っていた。金曜日は業種別部会のファッション部会(私の生業が染色加工業なので…旧名繊維部会の同部会に入会している)に出席し、スタイリストの坂井辰翁氏をお迎えして、おとこのファッションセンスについて実演を兼ねて講演いただいた。

同氏は、ファッション雑誌のLEONを始め、UOMO、OCEANS等、いくつもの雑誌にスタイリストとして、先進ファッションの開拓、紹介を手がけている文字通り、トップスタイリストであり、我々青年会議所メンバー世代のトレンドを中心に講演していただいた。

また、実演として、同部会の直前部会長の長谷川博紀君(桐生JC副理事長)をモデルにして、衣装の選び方や着こなしなどにより、(一寸失礼かもしれないが)長谷川君を非常にかっこよく変身させ、参加者を魅了させた。変身は、スーツバージョンから、カジュアル、メガネや小物の選び方に至るまで細かく解説が施された。

私が同部会に入会した頃は、織物業や加工業者が多く、工場見学をしたり、産地を見学したりすることが多い部会であったが、最近は、そうした「繊維関係の工場」よりも、ブティック等の川下業者が増えたこともあり、ファッショントレンドにまつわる話や、小売販売に関する話が多くなってきており、次代の流れというか、繊維関係事業の次代の移り変わりを感じる。

翌土曜日には、日本JC業別部会連絡会議の蛭間幹夫議長(桐生JC理事)がサマコン会場のPRブースにて、モデルとなって変身するなど、一寸したファッションショーを開催して、業別部会のPRをさせてもらった。

このように、青年会議所では、メンバー同士が任意に業種別に部会を結成し、情報交換をしたり、お互いの研鑽を図ったり、事業での協力を得られるような会合もあるのも事実である。

 かつては、(社)日本青年会議所の中でキチンと活動をしていたが、昨今は任意団体として活動をしている。これも、昨今の公益法人規則やそれに伴う会計基準の厳格化による影響と思われるが、まだまだ、元気に様々な業界が、40余りの部会を作って一生懸命活動しているので、是非、入会していないメンバーは参加して欲しい。

 7月19日(土)は、サマコン初日。今年は例会として、全メンバーに「平成の志士」としての必要な知識を各種のセミナーに参加し、習得してもらい、我々の地域での活動に活かしてもらうよう企画し、約50名のメンバーが出席した。

 オープニング、メインフォーラムを全員で、聴講し、我々JCとJAYCEEがどのように日本を変えていったり、地域社会に運動を展開していくべきなのか?現状の問題点から、改革の目的や我々の使命などについて分かりやすく勉強した。

 また、午後は、参加者それぞれの興味や所属委員会の関連性から、(社)日本青年会議所の各委員会開催のセミナーに出席し、環境問題や、教育、国民主権、公益社団法人取得など、様々なセミナーに出席し、それぞれの専門分野の深耕に務めた。

 私は、桐生JCから、蛭間昌久君と目崎克行君に出向してもらっている、環境教育実践委員会のセミナーに出席し、蛭間君の堂々とした委員会発表を聴き、その後、川田直前理事長と、川島君に出向してもらっている、日本の教育力確立委員会のセミナーに参加させてもらった。

 個々のフォーラムやセミナーの内容もさることながら、私が一番びっくりし、感激したのは、今回50名もの多くのメンバーが遠く横浜の地まで出席してくれたことに加え、そのメンバーの全員がそれぞれ、しっかりとセミナーに出席し、自己修練に励んだり、(日本青年会議所の委員会や業種別部会など)設営側として活躍してくれたことである。

 以前には、セミナーに出席するメンバーも多かったが、セミナーに参加せずに帰ったり、或いは旅行気分が出たのか、食事に出かけてしまったりと、折角の機会を有意義に使いきれない参加者が多かったような記憶があるからである。

 次代背景的にも、物見遊山的な参加ではなく、貴重な時間とカネを使うのであるから、しっかりと勉強していきたいという、方向に変わったのだろうか?いずれにしても、それぞれのメンバーが確実に何かを持ち帰ってくれたことに今回のサマコンの意義を深々と感じた。
スポンサーサイト

コメント

若いんだから、大きな視点で世の中を見るのは悪くないと思います。また、JC入会したのだから、いろいろ経験し自分の器を大きくするチャンスでもあります。頭でっかちにならないで行動に移して欲しいです。もちろん自分自身もそうでなければなりません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/116-562d6777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。