FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間決算・・・生憎の雨…市場は台風到来

 9月30日、多くの日本企業では、今日は通常の月末に加えて、半期決算の日となる企業が多い。

 月末というと、集金業務などの出納や、売上や仕入、諸経費のしめの業務など、タダでさえ忙しいが、半期決算の数値・・・企業の中間テスト対策で忙しい会社さんも多いのではないかと拝察する。

 そんな今日であるが、有価証券を保有している会社にとっては、最悪の一日となったのではないだろうか?

 金融危機対応にギリギリの調整を行っている、米政府・大手金融機関であるが、昨日は、全米第4位の大手銀行ワコベアが経営危機に陥っていたが、米連邦預金保険公社(FDIC)が受け入れ先金融機関を探したり、不良債権の一部を補填する契約を結ぶなどして、漸くシティバンクが名乗りを上げた。

 シティバンクは、取りあえず、全米トップの銀行となるようであるが…

 これまで、既にリーマンの破綻、メリルリンチやベアー・スターンズといった大手証券会社が次々と破綻したり銀行に救済を求めたり…大手貯蓄銀行のワシントンチュースも破綻、AIGは政府に救済され・・・アメリカも世界恐慌時さながらの状態となった。

 加えて、米国政府と有力議員で早期成立が確実と見られていた、「金融安定化法案」が昨日米国議会で否決されてしまうといった衝撃的な事件が起きてしまった。

 この法案は、不良債権に苦しむ金融機関から、不良債権を買い取るなどの支援を政府で行っていくことを中心にしたものであったが、金融機関救済に税金投入することに納得がいかなかったようだ。

 結果は、米国市場での「ろうばい売り」による記録的な、株式売却→史上最大という、記録的な下落。どれだけ記録的か?777ドル。トリプルセブン。。

 そんな訳で、昨日のアメリカ証券市場は、過去最大の下げ幅…我国でも、それを受け、一字は500円超の下げ幅を記録する等・・・その影響は、世界中に波紋を投げかけている…

 そんな訳で、折角厳しい環境の中、漸く中間決算を迎えようとしている企業にとっては、急に保有株式の評価損まで計上しなくてはならない…何とも皮肉な状況である。

 また、有価証券を持っていない企業でも、取引銀行の多くは、9月に中間決算となり、保有する多くの有価証券で評価損を計上することが予想され、銀行自体の自己資本比率が下がってしまうことも容易に予想かのうだ。

 そうなると、貸し出しを渋る・・・あの貸し渋りの再来となってしまうのでは?と恐ろしいことを想像してしまうのは、私だけだろうか?

 そう考えると、運転資金を必要とする企業・・・何とか起死回生の投資をしようと資金調達を計ろうとしている企業にも大きな影響を及ぼすことになろう。

 政界に於いても、昨日の麻生総理大臣の所信表明から、既に民主党との攻防が始まった。本当に政局だけで解散総選挙としてしまうのか?それとも、この景気や混乱への対応をしてからの形として、責任を果たしていくのか?いたずらな解散だけは、避けて欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/157-59029211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。