FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度の組織と役員が決まりました。

 昨日の総会も、7割近い出席と、委任状により、メンバー103名全員の意思を反映した総会をすることが出来た。

 総会開催に当たっては、担当の総務委員会メンバーが何度も何度も確認を行ったりするなど、大変な努力をしていたことも分かった。

 そんな中、次年度理事長の長谷川君より、副理事長、常任理事、専務理事の指名が行われ、私が監事を推薦、承認を得て、いよいよ理事選が始まった。

 毎年理事選になると、卒業していくベテラン理事に代わり、新しい理事が誕生していくのだが、今年は卒業メンバーが10名と多く、その大半が理事を務めているので、半数近い理事が入れ替わることになり、例年に比べても、新しい理事の名前を見ると、一つの大きな世代交代が行われたのだと、強く感じた。

 どの世界でも・・・企業に於いても、政治の舞台でも、その他の団体でもそうしたことは、少しずつ起こっているのだが、青年会議所では、40歳で卒業という「定年」を迎えるため、学校を除いては、そのサイクルは非常に早いものに感じる。だからこそ、停滞やマンネリが回避できるのだが・・・

 そして、最後に委員長・副委員長の指名が行われたが、来年は今年より2つ委員会を減らして、7委員会+1特別委員会という枠組みで行うことになった。

 長谷川次年度理事長の言によれば、事業を縮小するのではなく、より内容の濃い事業を進めていく為に、そして、上記の急激な世代交代に備えて、こうした陣容にしたとのこと。

 8委員会でのスタートというのは、私の知る限り数十年ぶりとなるものと思われるが、是非とも言葉通り、内容で勝負していって欲しいと考える・・・

 こうして、昨日の総会で、来年の桐生青年会議所の組織と役員が決まった。今年同様、来年も是非とも暖かいご支援やご指導がいただけたら幸いである。

 最後に、このことをまるで祝福するかのように、昨日もノーベル化学賞に下村脩氏(アメリカボストン大学医学校名誉教授)が選ばれた。先日の物理学賞に続き、今年は2つの分野での受賞ということになる。

 緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見と開発とあるが、蛍光色に光るクラゲから蛍光色素のたんぱく質を取り出し、医学分野で大きな進歩に貢献したという。

 経済面では、本当に暗い話が続くが、是非こうした栄誉が・・・成果が次の世の中に繋がっていくことを祈念したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/164-0071713a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。