FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物思いにふける秋空

 午後5時を過ぎると、外は暗くなり、風邪でも引いたかな?と思うくらい寒い…すっかり、晩秋の気配。考えてみれば、冬至までは、もう2ヶ月ないのだ。

 そんな季節になると、我々青年会議所の次年度の動きも活発になり、夜寒い中、毎日、次年度の役員が集まっては、委員会方針やら何やらを集中的に話し合い、決めていく…そんな時期が来た。

 次年度理事長以下、役員にとっても非常に忙しい時期になる。

 今日は、そのまず、第1回目になろうか?次年度の役員や外部への出向者を集めて、役員オリエンテーションが開催され、次年度の方針や組織、予算の確認が行われる。

 役員オリエンテーションが終わると、いよいよ次年度の委員会(青年会議所の最小組織である、実行部隊)が動き出し、委員会の具体的な方針を次年度のメンバーが全員で練り上げていくことになる。

 来年どんな事業を行っていくのか?どのように発展していくのか?私は今日をワクワクしながら・・・そして一寸寂しさをかみ締めながら迎えることになる。

 ところで、9月の福田首相の退陣、麻生首相の誕生から、ずっと騒がれてきた、衆議院議員の解散総選挙がどうも、先送りされることになりそうというニュースが飛び交っている。

 丁度9月にリーマンブラザーズが破綻し、金融不安から、世界的な超不景気への転落…経済対策か、政局か?非常に緊張した綱渡りが与野党の間で繰り広げられ、結果として、経済対策優先というカードが切られることになりそうだということである。

 私としては、確かに首相が相次いで無責任な辞任を繰り返し、国民の考え方が前回の総選挙時と大きく変化しているのだから、国民に改めて確認を取る・・・総選挙を行うことは勿論大切であると思うが、100年に一度とも言われるような世界恐慌を髣髴とさせるような現在、果たして、政治空白や党利党略に則った選挙を行うことが果たして正しいこととは思うことが出来なかった。

 首相を始め、自民党首脳部も、与野党の衆議院議員も、その関係者も安穏と出来ない日々が続いたと思うが、結果として、今回の首相の判断が、経済対策有線となるのであれば、私は正しい選択であったのではないか?と思われる。

 私は青年会議所理事長として、出来れば、この国政選挙に合同個人演説会という形を通してお役に立つことを、立場としては臨んできたのだが…やはり、もっと大きな視点から見れば、今回の選択をするべきであったと考えざるを得ない。

 まだ、最終的な結論が出たわけではないが、皆さんは今回のこの経済状況の中で、政局をどのようにお考えになったのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/176-0eb7a0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。