2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fassion showを見学してきました。

 今日、仕事の関係で、東京で開催された水着のファッションショーを見てきた。これだけであれば、青年会議所のブログに掲載する必要もなかったのだが、実は青年会議所メンバーを同行してのショーの見学となった。

 何故JCメンバーが??と思われる方も多いと思うが、決して若い水着姿の女性が目当てではなくて・・・青年会議所がかつて、企画し、これまで様々な形で取り組んできた、桐生ファッションウィークの時に開催される、「ファッション デー イン 桐生」の時のファッションショーの参考にしたいという強い熱意があって、どうしてもプロのファッションショーが見学したいということでの参加であった。

 立ち上げ当時から、数年前までは我々桐生JCでファッションウィークは、例会として中心的な役割を買って参加してきたが、ここ数年は、参加団体も非常に多くなり、参加する市民団体が自分たちで充分切り盛りできるようになってきたこともあり、我々は裏方に廻ることが多くなり、青年会議所では、担当する「室」を設置して、開催までは、事務局を、そして、当日は、「ファッション デー イン桐生」というファッションショーを中心とするイベントに取り組んできたのだが、今日同行してくれたメンバーは、このファッションショーを今後も自分たちが中心となって盛り上げて行きたい…ということであった。

 やはり、入場から、退場、そして、身のこなし・・・更には舞台設営から、バックミュージック、テーマといった一つ一つが洗練されたプロによるショーは本人がこれまで手がけてきたものとは、違うところも非常に多く、大変参考になった・・・と喜んでいたが、こうした、強い向学心や興味、そして積極的な姿勢は、私も見習うべきであるとつくづく感心させられてしまった。

 こうした取り組みがやがて市民たちにも受け入れられたり、桐生でのファッションウィークを始めとする地元の様々なイベントがより活発になり、多くの観光客が訪れるようになれば、町の活性化にもつながるだろう。
スポンサーサイト

コメント

 来年度のファッションウィークは何か期待できるということでしょうか。私はつい最近まで桐生ファッションウィークを知らなかったのですが、実際にイベントなどに関わっていくとつい次のときも顔を出したくなります。そういった活動を身近な方々に話しても、市街を少し離れるとまったく話があがらないのが現実なんです。完全に市外の人の方がよく知っているのでは、と思うこともしばしばです。何か新しいことが始まればそれを目玉にもっと広められればと・・・。いや別に良いのか?
 まあ分からないことを話しても仕方ないのでやめます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/185-c7a80fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。