2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気の出る講演・・・突破突破突破

 先日、東京の友人から連絡があり、東京で具志堅幸司氏(1984年ロサンゼルス五輪体操日本代表。個人総合とつり輪で金、あん馬で銀、団体総合と鉄棒で銅メダル獲得)の講演会があるので参加しないか?と言うお誘いがあり、土曜日でもあったので、参加してきた。

 演題は、元気の出る講演ということであった。

 具志堅選手は、極度の上がり症ということで、不名誉なあだ名「先行の具志堅」までつけられるほどであったらしい。先行とは、体操数種目のうち、最初の2-3種目では持ち前の技量でトップに立つのだが、だんだん緊張し、それ故に最後の1-2種目で思いもかけない失敗をしてしまい、何度も優勝を逃してきたのだとか。

 そのために、高校時代の恩師、大阪清風高校の桑原先生から、教えられた呪文「ハルチ・ウムチ・ツヅチ」を唱える事で精神的に落ち着く…ということを上記五輪の際に口ずさんだ…という逸話は余りに有名。今年もオリンピックの季節に、夜のニュース番組で古舘伊知郎が紹介していたのを思い出す。

 勿論その呪文も大切なのだろうが、本人の講演の中で、強調していたのは、世界中の誰よりも練習量が多かったという強い自信、それと、明確な目標を持ち、目標達成の為の努力と、結果に対する反省…これを大会の度に行っていたと言う事であった。

 つまり、中学時代には既に体操の名門大阪清風高校に入学し、日本体育大学に入り、五輪に出るという明確な目標を持っていた…自身の中学時代のノートに明記していたらしい。

その為に、中学時代に高校進学とはかけ離れた低い成績を克服すべく、塾に通うが塾代を稼ぐのに早朝から、牛乳配達→早朝の体操の練習→学校→塾での勉強と毎日を設計し、1年間繰り返したという。

また、目標には長期的な目標(究極の目標・夢…例えばオリンピック出場)と中期的な目標(例えば1年後の自分)、更には今日、来週と言った近くの目標の3つを持ち、その目標の克服の為の「努力・行動」を計画・実行し、その成果を分析、反省、次への改善へと活かす…それの繰り返しで夢は必ずかなうのだという。

これは、企業で言うところのPDCA(PLAN・DO・CHECK・ACT)のサイクル、中長期計画と年次計画、月次や日次計画のあり方と全く同じではないか!!

スポンサーサイト

コメント

こんにちは

頑張って下さい!!!また来ますね!!!我が家にも遊びに来てください!!!勿論、応援、ポチ、ポチ!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/198-d525565f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。