FC2ブログ

2019-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんぱく相撲が開催されます!

 明後日、桐生市総合運動公園相撲場で、第28回桐生市わんぱく相撲大会が開催される。

 幼稚園性から、小学生までそれぞれ学年別に多くの児童園児が日頃の練習の成果を発揮して、可愛らしく、清清しく、そして逞しく活躍してくれることと期待し、大変楽しみである。

 私も大会副委員長として出向させていただき、可愛らしい選手の活躍を目の当たりに、任務を果たしていくことになると思う。

 協議に参加する、園児・児童の皆さんや保護者の皆さんに、是非期待したいのは、勝負も非常に大切なのであるが、正々堂々と勝負に挑む気持ち、そして、相手を思いやる気持ちなど、精神面の強化につなげて頂きたい。

 また、小学校4年生~6年生までの優勝者は、8月に両国国技館で開催される全国大会に出場していただくことになり、大会前日は、本物の相撲部屋でチャンコ鍋を食べたり、力士の話を聞いたり、楽しいイベントがたくさん用意され、大会では、全国から集まる、大きな小学生の選手たちと一戦交えることになるが、是非とも貴重な経験としていただければ幸いである。

 我々、(社)桐生青年会議所メンバーも引率から応援まで一緒に行動させていただくことになるが、毎年、感激の涙を引率ながら流してしまう。子供たちの真剣な姿はいつ見ても、素晴らしい感激を呼び起こす。

 さて、昨日の参議院では民主党、共産党、社民党、国民新党による、福田康夫首相の問責決議案が賛成多数で可決された。首相の問責決議案可決とは、現在の憲法下では史上初めてのこととなるようだ。

 法的規制や拘束力は全く無いが、参議院での可決となるとその意味合いは非常に大きいものがある。福田首相もインタビューの中で真摯に受け止めたいと慎重な面持ちでの会見を行っており、今後、日本の首相としてリーダーシップを発揮し、活躍することを期待したい…要は指導力を発揮して欲しい。

 今回の問責決議に当たっては、民主党を初めとする野党にて、早くから取りざたされてきたが、昨日まで引き伸ばしたということは、伝家の宝刀?を抜くのに非常に慎重であったことが伺える。

 しかしながら、ねじれ国会の中で、様々な審議がまだまだ採決されない中、果たして法的拘束力の無い問責決議の採決を行うことにどれだけの意味合いがあったのか?少しばかり疑問を感じる。

 また、今後共産党を除く、野党3党では、「問責首相」の開催する審議を拒否する方針で一致しているが、果たして、今後政権を奪取しようとする現在の野党の姿として、それは、責任を果たすことになるのだろうか?

 与党は、本日衆議院で内閣信任法案を可決することで、問責決議に対抗するようだが、与野党とも、それぞれが果たして、国政に対して、国会議員として、責任ある行動といえるのか?本当に疑問を感じる。

 私としては、国会議員は国会で審議を尽くし、国政の為に尽力することこそ、最も大切な任務であり、審議拒否だとか、信任決議とか、そうした政治の駆け引きを、国会最終局面で行う意味が良く分からない。

 今後、来年9月までに衆議院選挙が行われることになるが、果たして、国民が上記状況を真剣に考えた場合、果たして既成政党に対して賛成票を入れることが出来るのだろうか?私は有権者の一人として非常に悩むところである。

 皆さんはどのようにお考えであろうか?

 最後に、明日のブログであるが、都合でお休みとさせていただきます。あしからず。
スポンサーサイト

コメント

ホントに

お偉いさんは、ダラダラしてるから!これからの、日本はどーなることやら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/92-66e53c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。