FC2ブログ

2019-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の夏・・・我国の電力不足は大丈夫?

 梅雨と言うのに、カラカラ模様の暑い日が続いている。今年も各地青年会議所では、クールビズを励行し、冷房を抑えながら、様々な地球環境対策を提言している。

 また、先日原油を始めとする原材料高騰により、環境問題や省エネがコスト面からも、行っていかないといけない状況・・・即ち、環境問題に取り組むこと自体がコストダウンやビジネスに直結し、導入しやすい環境が整ってきたとブログに書かさせて頂いた。

 そんな中、本日、仕事上の都合で、東京電力太田支社のユーザーの会である、群馬電気協会東毛支部の総会に出席してきたが、その中で今年の電力需給状況についての話が出たのでご紹介したい。

 昨年は、中越沖地震で被災した新潟県柏崎刈羽原発が停止した影響で、8月22日に一時的に電力供給不足が生じ、大手ユーザー数十社の工場稼動が停止するなどの影響があったが、今年は、昨年並みと予想される最大需要量以上の供給体制が整ったとのこと。

 理由は、東京湾でLNGを利用した最新鋭火力発電所の稼動の前倒しが実現し、停止していた旧型火力発電所の再稼動、他地域の電力会社からの供給体制が整ったからとのことであった。但し予想外の猛暑や、旧型火力発電所のトラブルもあり得るので節電協力は呼びかけていくと言うことであった。

 また、新潟県柏崎刈羽原発は、現在点検と地質調査が終了し、建物等に必要とされる耐震強度について漸くまとまった状況ではあるが、今後監督省庁の承認を得、近隣住民への同意を取り付けて対策工事を行う予定なので、今年の夏には間に合わないとのことであった。

 逆を返すと、消費電力量自体はそれ程削減出来ておらず、また、原発停止の影響回避の為に、重油やLNGを使った火力発電所をフル稼働させて供給体制を取ると言うことは、地球環境破壊の根源となっているCO2をどんどん排出して賄っている現状であり、今年はそれに頼ってピークを乗り切ると言うことであるので、我々消費者は出来る限り節電をしていかなければいけない状況であることには変わりは無い。

 特に今年は、京都議定書による第一約束期間に入る。今後、このまま排出量削減が達成出来ないでいると、我国は多額の違約金を、ロシアを始めとする各国に支払うことになっていくのである。

 さて、話は変わるが、昨日6月17日に、福田首相は俄かに消費税率引き上げの可能性について「決断しなければいけないとても大事な時期だ」と発言した。増加する社会保障費や、削減の進まない財政支出を踏まえた、財源確保に向けた発言であると思われる。

 私は、商品を購入し、消費する人が公平に負担する税という性格を持つ税金である消費税自体について、非常に公平性があり、明朗な税金であるので、それ自体がある一定率(…10%~15%程度)まで、全ての内国消費者(日本人であろうと無かろうと、国内消費者全て)が負担するわけであるから、税金が公課されること事態については、基本的に賛成である。

 即ち、不法労働者であろうが、暴力団関係者であろうが、納税をしなくてはいけないし、裕福な人が高価な物品を購入すれば、多額の消費税がかかるし、わずかしか消費できない人は小額の消費税の納税義務しか発生しない。更には、必ず、事業者を通じて納税をしていくので、所得税のように脱税できるリスクも少ない税金であるからである。

 しかしながら、導入の時期は、来年とささやかれているが、本当にその時期でいいのだろうか?今日の別の紙面では、景気後退が明確化したとか、2007年度の中小企業向け融資残高が1.8%も減少した…つまりは、貸し渋りが発生し、中小企業の投資意欲が減退していることが浮き彫りになっている。

 また、原油、穀物の高騰…それも一部の投機家によるマネーゲームの結末として、生活必需品が値上がりを続けている今の時期がその時期なのだろうか?今の時期、消費税を引き上げたら、我国の消費動向は凍り付いてしまうに違いない。

 後期高齢者医療制度の見直しを行い、減退する景気高揚対策を必要とされる時期が今であり、消費税増税により、社会的弱者を救済するような、低所得税を中心とした減税措置を講じたり、或いは、無駄の温床のように言われている公共工事を見直しすることがまず求められるのではないのだろうか?

 国会での法案審議を拒絶する野党、そして、支出の見直しや、景気対策を行わずに、俄かに消費税の増税を求める政府・与党・・・確かに、我国の債務は増加し続け、破綻のリスクが高まりつつある現代かもしれないが、今、一番生活者に必要とされるのは、景気対策であり、国家予算の無駄を省くことがではないのだろうか?

 それなしに、いたずらな増税は、いくら消費税引き上げを容認する私のような者でも一寸納得出来ない。
スポンサーサイト

コメント

テレビとはいえ

木村拓哉のドラマは、とてもテンポがよく見ていてきもちがいい!
単なるドラマと思わずに、すべての代議士に素直にみてほいしい。
そして、初心を思い出してほしい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiryujc.blog52.fc2.com/tb.php/95-30a542e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Gtarou

Author:Gtarou
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。